解体概要

ホテルやマンション、煙突などの大型建築物であるRC(鉄筋コンクリート)造の解体工事を行います。
RC造の建物とは、鉄筋の芯にコンクリートを流し込み柱として作られた建物のことです。
非常に頑丈に作られているので、その分大掛かりな工事になります。
騒音・振動・粉塵・安全面など周辺環境に十分に配慮しながら施工を進めていきます。

解体工事の流れ

1.現場での事前措置と準備工事

解体工事前には、近隣の方にご挨拶やご案内などをし、工事の概要・期間・作業工程などをご説明いたします。
作業場所や搬出経路の確保などを行います。
解体工事では、振動・粉じん・騒音やほこりを防ぐために防音シートや金網などでの足場養生の組立を行います。
その際、近隣の方へのご迷惑を最小限にするために、防音シートなどで囲います。
足場や養生シートは、工事の安全性と工事で発生する問題を防止するため大切な事前工事となります。

現場での事前措置と準備工事

【現場での事前措置と準備工事】



2.建物内部の解体

住居に付属する窓、サッシ、畳、建具、瓦、家具などの不用品等、建物本体以外で撤去できるものは予め手作業で取り除きます。
大きい現場は、小型重機を入れる場合もあります。
リサイクル処分が可能なものは、手作業で分別・撤去することで、環境にやさしい解体工事を行います。

建物内部の解体

【建物内部の解体】



3.屋根や外装材の解体

瓦や外装材の撤去作業を行います。
親綱をしっかりと張り安全帯を使用して作業を行います。
屋根材・内装材・畳・窓ガラスなどは重機解体の前に全て手作業で取り除きます。
リサイクルのため分別して処分場へ運びます。

屋根や外装材の解体

【屋根や外装材の解体】



4.建物の上屋の解体

内装材などを全て取り払ったら、ほこりや粉塵の飛散を防ぐため放水しながら重機を使用して一気に建物を壊します。
バックホウにRC解体用のアタッチメントを取り付け解体します。

建物の上屋の解体

【建物の上屋の解体】



5.建物基礎部分の解体

建物を解体したら、それを支える基礎の部分が見えてきます。
土を掘り起こし、玄関前や駐車場部分の土間コンクリートと言われる部分も一緒に壊していきます。
解体した土間、基礎構造物を小割アタッチメントにて小割し、コンクリートの中に埋まっている鉄筋を取り出し分別しながら、順次処分場へ運びます。
土中に残ったコンクリート片や金属片などを丁寧に取り除きます。

建物基礎部分の解体

【建物基礎部分の解体】



6.解体後の整地と清掃

バックホウにより整地・転圧作業を行います。必要に応じて埋戻材で埋め戻します。
地面を重機のバケットで平にならし、ブルトーザーなどを用いて念入りに整地し更地化します。
清掃作業を行い、工事完了となります。

解体後の整地と清掃

【解体後の整地と清掃】